映像メディアのプロになる!
---テレビ業界の実像から
映像制作・技法まで
好評発売中!
    > 検索オプション
第五二号『ADこばやしの虎視眈々と…』
投稿日時: 2015-12-20 10:00:00


『久しぶり!?の社内勉強会』


はじめまして。巷で噂の新入社員、10月入社のADこばやしです!

詳しくは、狎菁擇寮辞Checkよろでーす☆(キラッ)

バラエティ番組や情報番組を経て新たにメディア・ワン社員として

ステップアップ… なーんて、最初から

(^o^)ウマクイクワケネー

 

さて、社内業務もやっと理解してきて、久々の休みに備えて

仕事を片付けようとしていたところ、先輩Dから肩をたたかれる。


あ、小林くん…明日"勉強会"ね。

 ちなみに、原則全員参加だから☆

 






・・・・・・・



ファアアァッッッ!!?!?!!?!?!??


明日って、休みじゃん!!!

勉強会ってそんなに重要なことなのか!休日返…(ry


どうやら、先日の派遣法改正に伴って、会社内でのキャリアアップを図るため、

セミナーなど社員のスキルアップの場を設けることが義務化されたやらなんやら…

※詳しくはGoogle先生に聞いてね♪(他人任せ)

 

久々の休みを期待していたので、肩を落とす一方で

どこか迷えるADに救いの手が差し伸べられた気がした…。

なぜならば、AD業務で手一杯な中、自分が理解できていないことも

知る機会など、滅多にないからだ。

 

***************************************************************************************

 

勉強会当日。

 

最初に取り組んだのが社内制作を主としたテレビ番組を上映し、

その番組の制作担当したディレクターが、

私たちから出た質問に答えていく、というものだった。

そして、改正航空法によるドローンの取り締まりなど

撮影における情報を共有することが目的だ。

 

初となる猜拔会に臨んでみると

私は、自分が普段考えもしなかった、悩む視点ですら見ていなかったものを

ここで、どれだけの人が手を焼いているのか、こだわりをもって作り込んでいるのか

その端っこだけでも映像の中で垣間見ることができたことに

業界に入って数年の今日、初めて制作を目の当たりにしたころと同じ驚きを感じたのだ。

 

自分がどれくらい無知だったのか。

経験も知識も頭ではまだまだとわかってはいたものの、

それがここまで体感できるものなのか。

 

猜拔会

恐るべし・・・

だが休日は返ってk…(ry


そこまでして迷えるADに教える機会を設けて頂けるとは・・・

ディレクターとは第三者(視聴者)を相手に、心の内を探る仕事

私が理解していないことなどお見通しだと言わんばかりに、

右も左もわからない世界に先手を打つがごとく、私の心を射てきたのだ。

 

そして、新入社員の私にとっては初対面の方々もたくさん。

そんな私にも、自らが学び習得してきた業を伝授する場を設けていただける。

 

時間は一瞬、出会いは一生。

まさに、勉強会はあっという間に終わり、次の機会を心待ちにしている私であった。


Media One co., ltd個人情報の取り扱いについてE-mail to webmaster
このページはIE6に最適化されています。