media-1

制作実績


「中華街も動いた!フカヒレ名産地を救え」フジテレビ(2011年4月4日)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

『中華街も動いた!フカヒレ名産地を救え』
放 送 局:フジテレビ
番    組:スーパーニュース「スーパー特報」
タイトル:『中華街も動いた!フカヒレ名産地を救え』
放送日時:2011年4月4日月曜日(18:24~18:40 )

内容

戦後最大の被害をもたらした東日本大震災。
震災で壊滅的な打撃を受けた宮城県気仙沼港を救おうと中華街の有志が立ち上がった。
実は、気仙沼港と中華街のつながりは深い。
気仙沼は高級中華料理として高い人気を誇るフカヒレの最大の産地。
横浜中華街にあるほとんどの店がフカヒレを扱っているため
気仙沼のフカヒレが途絶えたままだと中華街の料理店はやっていけないのだ。

立ち上がったのは、横浜中華街で中華料理を営む華僑2世、3世たち「横浜中華街震災復興 有志の会」。
彼らは震災で被害を受けた気仙沼に日頃の恩返しをしたいとチャリティバザーを開催することにしたのだ。
大勢のスタッフの中心となるのは、陣(じん)恵(めぐみ)さん。
幼いころから住み続けている中華街の仲間達に声をかけ、
バザーに出す肉まんや焼き小籠包など有志が経営する店舗に無料で提供してもらったり、出せない人は、ガスコンロなどの備品をレンタルするお金をカンパしてもらった。
そうすることで、バザーの売り上げを全て気仙沼に寄付することにした。
バザー当日は派手な爆竹とともに獅子舞や龍舞が披露され、
沢山の人たちが集まり、大盛況とともに幕を閉じた。

■プロデューサー :中村 一雄
■ディレクター  :何 祖杰
■AD      :相子 貴浩

制作実績